こんなにいるの!?バツイチ再婚は増えている!

バツイチ再婚の現状は?

私がバツイチになって感じたことは、バツイチになる前は「離婚」とか「バツイチ」になると、人生の汚点が追加され、問題児のように扱われてしまうと思ってた。また、その覚悟を決めてた。

 

 

 

でも、離婚する人が多くなったからかな…思っていたよりも、日常の会話の中でも「バツイチ」を隠す必要もなくてよかったことには、私もホッとしている。もちろん、何もないということはないけれど、昔は、離婚すると肩身の狭い思いをしながら暮らしているという時代もあった…と言われると、いまは「そうなの?」って感じ。

 

 

 

また、まわりの目も、離婚・バツイチ・再婚などについて、うわさにもなっているかもしれないけれど「そういうこともあるよね。」位の感覚で、比較的温かくなったのかも。

 

 

 

それでも、離婚って、子供がいれば子供のことも考えなければいけないし、自分の将来のことも考えないといけないので、離婚しやすいよーなんて決していいたくない…けれど、バツイチだからとマイナスに考える必要もなく、命削ってまで無理をする必要もないと思う。いまは、確率は少なくしたいけれど、十分な選択肢のひとつなんだと思う。

 

 

 

私の知り合いも、「離婚してしまったのは仕方がない。逆に一回失敗しているから夫婦生活がどうしてうまくいかなかったのかを学ぶことができた!」と非常にポジティブに考えている人も少なくないです。

 

 

 

婚活をしていて気がついたこと!

私も婚活をしていて感じたことなんだけど、たしかに、いまは、離婚する夫婦が増えているのも事実だけれど、再婚する人も大変増えているのも事実。なかには、「離婚したことに対して後ろめたさを感じなくなった」、「離婚が悪いことではない」という認識が広く知れ渡ったことで安易に離婚してしまう人が増えているのも影響しているのかも。

 

 

 

ただ、あなたが我慢して、喧嘩が絶えない夫婦生活を送るよりも、お互い納得して離婚をすれば、喧嘩の日々とはさよならできますし、新たなパートナーと幸せに結婚するチャンスも出てくる。

 

 

 

私も何度も頭の中で「離婚は悪いことではない!前向きに明るく生きていくために私には必要だったんだ!」と頭を切り替えることができたから、いまの幸せがあるんだと思う。

 

 

 

ちなみにこれはあくまでもデータのひとつなんですが、1995年は18.4%、2000年は21%、2005年は34.3%の確率で再婚をしている人がいるようです。

 

 

 

このように、再婚は右肩上がりに増えている現状を考えれば、クヨクヨしないで、ぜひとも、新たな幸せな人生を見つけて欲しいなぁと思います。

 

特集 【 婚活力をアップする方法 】