結婚の鍵を握るアドバイザー

再婚できる人とできない人・・・その違い、わかりますか?

特集 【 婚活力をアップする方法 】

結婚の鍵を握るアドバイザー

「不安だけど・・・本気で婚活しよ!」
「将来のこともあるし、怖いけれど活動しなきゃ。」

 

さんざん迷ったけど将来の幸せのために…というより、追い詰められて…といったほうが私の場合は、合ってるかな。とくに、子供さんがいらっしゃる方は、自分のこともあるけれど、やっぱり、お子さんの将来を考えるとこのままではいけないと思った人も入ると思う。

 

 

だから、私ひとりでは、結婚相談所までは選択肢に入ってなかったけれど、子供のためにということで思い切って、結婚相談所まで真剣に考えている人も多いと思うけれど、まず、しなければいけないことは何だと思いますか?

 

 

それは−情報収集です。

 

 

だって、情報がなければ、本当にあなたに合っているかどうかわからないし、信頼できるかどうかわからない。WEBの口コミもあるけれど、あれだって信頼できない。おかげで結婚できたと言う人は、「○○の結婚相談所は良かった!」と書くだろうし、うまくいかなかった人は「□□がダメだった!」と書くだろうしね。

 

 

 

それに、人の負のパワーってすごいから、こういうとき、どちらかというとうらみつらみの意見のほうが多いもの。だから、私は余計に、自分の目で確かめたいという思いもあったんだよね。

 

 

 

私は自分の目で確かめたい気持ちがあった!

もちろん、私は小心者なので、「ツヴァイ」や「楽天市場」系列の大手企業の結婚相談所しか手を出そうとしなかったけれど笑

 

 

そもそも、結婚って将来を考える大事なイベントだよね。だから、あとで後悔しないように、手に入れた資料を見比べ、比較検討することは当たり前。気持ちだけで動いても失敗してしまうのは目に見えているから、言うまでもありません。

 

 

資料請求をしたり、ホームページを情報源に、ある程度絞込みを行うことができますが、私個人の意見では、まだまだ足りません。どこかにまだ「だいぶん絞れたけれど、○○が第一候補で良いのかな?」、「ホントに私にあっているの?」という不安感は拭い去ることはできないと思います。

 

 

そこで、最終的な決断をするために行動することが大事になってくるんですよね。ここでは、やはり、実際に結婚相談所へ説明を聞きに行くことがポイント。そこで、第二ステップとして、チェックしなくてはいけないものがあるんです。

 

 

あなたも自分磨きをすることが大切!

良い結婚相談所はやはり、信頼できるアドバイザーの存在ですね。会員間でトラブルになった場合にも、頼りに出来ますし、実際に自己PRの文の説明やお手本を示してくれたりします。

 

 

逆に訪問してすぐに、入会を推し進めようとするスタッフがいる所は安心できません。注意推奨です。

 

 

アドバイザーはあなたの結婚への道を補助してくれる存在です。頼りになるアドバイザーがいるのなら、鬼に金棒・・・ですが、間違って欲しくないのは「良きアドバイザー」がいるからと言って、結婚できるわけではありません。

 

 

結婚相談所はあくまで出会いを提供するものであり、結婚を提供するものではありません。相手は商品ではありません。心を持ったひとりの人間です。

 

 

当然自分磨きも必要になってきます。
他力本願になるのではなく、自分にも出来ることをする必要だって当然あるのですね。