悩むより行動しないと心が病んでしまうことも…!

悩むより行動しないと心が病んでしまうことも…!

「もういちど結婚のこと考えていいの?」

「私(俺)と結婚しても良いという人はいないんではないだろうか?」

 

私は離婚してひとりになったとき、目の前のことが精一杯であまり目の前のことを見ていませんでした。

 

 

 

そのようなとき、まわりから「いい人、もう見つけたんじゃない?」「ひとりは寂しいからね^^」なんていわれたときに、改めて「私に再婚という選択があったんだ。」と気がついたくらいです。

 

 

 

頭のどこかでは、再婚は意識していたけれど、きっと余裕がなかったんでしょうね。

 

 

 

ふとこれからのことを考えたとき、ネガティブなことばかり思い浮かんでしまい、かなり悩んじゃいました。悩みすぎて、眠れなかったり、食欲が落ちたり、精神的に不安定になったり…ちょっとした「うつ」のような状態もこのとき体験したんですよね。

 

 

 

気持ちの整理をしないと新たに行動をすることは難しいかもしれないけれど、いくら考えても…悩んでも何も進展しないし、変わらない。もし、将来的に結婚したいと考えているのであれば、考えるより行動!これしかありません。

 

 

 

私もウダウダ悩みに悩んだあげく、それでも前に進めなかった(怖かった)から、資料請求をすることから、はじめました。ようは、いきなり、婚活するというわけではなく、段階的に婚活とお付き合いしようと考えたわけなんですね。街コンや合コンのあてがあれば、それではいいかもしれませんが、やはり、私には無理でした。

 

 

 

いまの婚活市場は昔と違う!

私の中では、婚活と聞くと昔でいう「お見合い」であったり、上司や近所の方が持ってくる「縁談」のようなもので、最終手段というか…まぁ、売れ残りの集まりのような(ごめんなさい^^;)イメージがかなりありました。だから、すっごく抵抗があったんですよね。

 

 

 

でもね、いまは晩婚化が進んでいるし、出会いもないから、20代・30代・40代と多くの人が登録していたことにびっくり!婚活に臆病になっていた私にとって、まわりの方が真剣に婚活しているのを見て「将来に向けてホントに前向きに取り組んでいるんだなぁ…。」「私も頑張らないといけない。」と多くの勇気をもらった気がしました。

 

 

 

何も行動していないのに、ひとりで悩むだけ悩んで、あきらめることだけはぜったいにやめましょう。

 

まとめ!

 

いまの時代、婚活をすることが一般的になってきました。しかも、サービスが充実してきたこともあって、自分のペースで進めることができるから安心です。

 

なかなか出会いの場がないと考えるよりも、まずは行動してみる。再婚を考えるなら、早め早めの行動をしないと、年齢を重ねれば重ねるほど、パートナー選びは大変になってきますよ。

 
特集 【 婚活力をアップする方法 】